センター概要

ヨツクロブログは更新を終了しています。

下記のアドレスをご利用ください。


http://svc.miyagi.jp/hp/yamamoto-vc

「ヨツクロ(よつばのクローバー)」こと

『やまもと復興応援センター』にようこそ!

山元町の特産である「イチゴ」と「リンゴ」をモチーフにしたよつばのクローバーは、山元町災害ボランティアセンター(現:やまもと復興応援センターボランティア班)の「心をひとつに」Tシャツのデザインに採用されているものを引き継いでいます。

私たちは「幸せを運ぶよつばのクローバー」を胸に刻み「心をひとつに」して被災された山元町民の生活再建のために活動を行ないます。

 

(注)当センターのロゴマークは、山元町社会福祉協議会が管理している正式なロゴマークのため、無断使用を禁じます。

やまもと復興応援センター

 

 

【センター概要】

やまもと復興応援センターは、宮城県亘理郡山元町を拠点とし、山元町役場及び応急仮設住宅行政連絡員(住民代表)などで構成する「山元町応急仮設住宅等連絡会」の要請を受けて設立されました。

やまもと復興応援センターは、東日本大震災復旧・復興支援を行なっている社会福祉協議会、企業、NPO/NGOなどが連携・協働して、被災された山元町町民のニーズに応じた支援活動を円滑かつ効率的に行ないます。

 

今後、応急仮設住宅における支援は被災された町民の生活再建に不可欠になってきます。特に高齢者が多い山元町においては、仮設住宅及び在宅住民の孤独死や健康管理が懸念されます。

 

被災された町民ニーズに合った支援を重複なく実施するために調整機関は必須であり、さらに町民一人一人への支援を最大限にするための必要性を感じ、「やまもと復興応援センター」を組織し、「山元町応急仮設住宅等連絡会」(山元町災害対策本部)が定める方針の下に活動を行ないます。

 

今後も山元町の復旧・復興支援に関わる全ての方へ、そして、何よりも被災された方々へ全国各地からの温かい気持ちを届けるべく、最大限に努力していきます。

 

 

2011年11月

やまもと復興応援センター