【お知らせ】災害派遣等従事車両対象車両変更

東日本大震災に伴う災害救助のための車両の取扱いについては、災害被害が甚大で今後もなお対応の必要性があるため、下記のとおり再度適用期間を6月30日まで延長することになりますが、4月1日より対象車両が以下の通り変更になりました。

 

 

<重要>

仮設住宅支援は対象外車両となります。

対象車両は、ボランティア班に登録して被災地でのがれき撤去作業など行なう車両のみとなります。

 

 

【対象車両】

 以下のいずれかに該当する車両であるもの

(1) 津波被災地域におけるがれきの一次処理を目的として自治体等から委託等を受けた車両

(2)津波被災地域におけるがれきの一次処理を目的としてボランティア活動に従事する車両

 対象地域の災害ボランティアセンタ-(社会福祉協議会運営)等の承諾又は支援要請等があった場合のみ対象となります。(山元町は対象地域になります)

(3) 自治体が津波被災地域におけるがれきの一次処理を目的として使用する車両

※「一次処理」とは

 被災地からの一次仮置き場・リサイクル工場・処分場等へ搬出することです。ボランティア活動については被災地でのがれき撤去作業のみも対象となります。

 

 

詳細は、宮城県ホームページをご覧ください。

災害派遣等従事車両の取り扱いについてはコチラをクリック