仮設住民食事会

6月1日、町民グランド仮設住宅で住民による食事会が開催されました。

お母さんたちの手作りで、あっという間に昔懐かしい「すいとん汁、おにぎり、おしんこ」が完成!

どれもとっても美味しそうですね。

 

集会所には40名以上の方が集まり、あったかな料理とみなさんの笑い声で大盛況の食事会となりました。

食後は支援物資として提供していただいた仙台弁かるたを楽しみました。

「仙台弁かるた」とは、方言で読み札が作られたかるたで、東北放送のアナウンサーが読み手として声を吹き込んだCDがセットになっているものです。

聞きなれた方言が出るたびに、説明しあったりニコっとしたり、皆様大変楽しんでおられました。  

また、仮設住宅で生活なさっている住民の方が、食後に一首詠んでくれました。 

 

 

「団子汁 支給の声に 次々と 仮設より来る 年寄りわらし」

 

 

午後からはたまたま集会所の近くに来ていた東北放送のラジオカーも取材に来られ、住民の方へインタビューしていかれました。

 

 

美味しい、楽しい、好天の素晴らしい1日でした!

 

 

支援団体によるイベントなどではなく、少しずつ住民主催の行事も増えてきました。