仮設住宅主催の夏祭り

720日に住民主催のイベント、「復興夏祭り」が町民グラウンド仮設住宅で開催されました

当日の祭りには町民グラウンド仮設住宅からだけではなく、近隣の住宅や他の仮設住宅からも人が集まり、約400名の方が来場する大賑わいのイベントとなりました。準備した出店はどこも行列が並び、特に焼きそばは材料を追加発注するほどの売上でした。

天気もお祭り日和となり、住民によるフラダンス・カラオケ大会・子供向けゲームコーナーなどプログラムも盛りだくさんでしたが、ゲストのバルーンアーティストも楽しい雰囲気を一層盛り上げてくれました。

 

山元町の仮設住宅は震災前の行政区が崩れないように各世帯を振り分けています。震災から1年を過ぎて、山元町では仮設から自宅へ引っ越す方が少しずつ見られるようになってきました。町民グラウンドでも、引越された方が「ひさしぶりねぇ」と友達との会話を楽しんでおられました。

また参加した方々からは、「祭り最高だわ。本当に楽しい。」「カラオケで賞品までもらっちゃって嬉しい」など、仮設住宅に入居してから初めての夏祭りを楽しむ声が多く聞かれました。

 

 

今年度からは、震災のため中止となっていた町のお祭り行事が再び開催されるようにもなってきました。

山元町の人の笑顔がもっともっと増えていくように、やまもと復興応援センターも協力していきたいと思います。