JR山下駅解体工事について

  1月15日(火)からJR山下駅の解体工事が始まっています。

工事は来月末に完了する見通しで、少しずつ工事が進められています。

  山下駅の駅舎は64年の歴史がありましたが、震災の影響を受け、内陸へ移設することとなりました。

  たくさんの人を送り、迎えてきた山下駅。
今は静かにたたずみ、新たに生まれ変わろうとしています。

  駅舎や連絡口の階段へ思い出をお持ちの方が沢山いらっしゃると思います。そうした方たちとお話しすることで、以前の町の様子がわかり、新しいつながりが生まれるかもしれません。

  最もつらいことは、東日本大震災で被災した山元町を忘れられてしまうことだと思います。
 細くても、ずっと確かなつながりを持ち続け、また新しい形でのつながりを町民の皆様が築いていけるように、やまもと復興応援センターも協力していきたいと思います。