災害公営住宅入居申し込み受付開始

 東日本大震災から698日目の本日、山元町で災害公営住宅(第1期分26戸 新山下駅周辺地区)の受付が始まりました。

 本日町内は雪の1日となりましたが、多くの方が申込みに訪れていました。

 受付期間は土・日・祝日を除く37日(木)までで、役場第2仮庁舎1階のまちづくり整備課が窓口となります。

 山元町の災害公営住宅は今年から3年かけ600戸整備されることが決まっており、新山下駅前周辺地区はそのうちの440戸が建てられます。

 残りの160戸は新坂元駅周辺地区、宮城病院周辺地区に建てられる予定です。

 

 震災から3年を迎えようという今、公営住宅・集団移転への動きが始まり、選択を迫られている方も中にはいらっしゃいます。やまもと復興応援センターは、住民の方たちに引き続き寄り添っていきたいと思います。