「作品展・演奏会~復興への願いⅡ」が仙台市で開催されました

仙台市内のみなし仮設住宅に暮らす東日本大震災の被災者が創作した手工芸などを発表する「作品展・演奏会~復興への願いⅡ」が、108日と9日の2日間、仙台市青葉区の福祉プラザで開催されました。

 主催の仙台市社会福祉協議会中核支え合いセンターのご厚意で、気仙沼市社会福祉協議会、南三陸町社会福祉協議会、そして山元町社会福祉協議会も共催として参加、それぞれの市町住民の作品を一緒に展示させていただきました。山元町のブースは作品の提供にご協力いただいた山元町の皆様のお陰で、多様な作品で華やかに展示できました。

 当日は朝からたくさんの方が見学に訪れ、絵画や工芸品、手芸品など多数の力作を熱心に鑑賞されていました。仙台市のブースには、山元町から仙台市に避難されている方も作品を出品されていて、お元気で活動されている様子を知ることができました。

山元町社協のブース

南三陸町社協のブース

気仙沼市社協のブース

仙台市内のみなしに仮設入居されている皆さんの作品

多くの方々が来場され、熱心に作品を鑑賞されていました。