コミュニケーション麻雀大会

山元町の仮設集会所では、今「コミュニケーション麻雀」が密かなブームになっています。

コミュニケーション麻雀は、通常の麻雀のルールを簡単にわかりやすくしているので、初めての方でも楽しく参加できます。麻雀セットは神戸市の『コミュニケーション麻雀協会』から寄贈されました。

 

123日(火)ナガワ仮設の集会所で麻雀大会が行われました。この仮設では4回目の開催ですが、この日はりんごラジオの実況中継ということでみなさん少し緊張気味?なのか顔が固いようです。

りんごラジオの実況中継が入り、参加された住民がめいめいにインタビューを受け、「麻雀そのものは理解できないが何となく面白くなり引き込まれて楽しくゲームに参加し、回を重ねるたびに次回の開催が待ち遠しい」と感想が寄せられました。

 

麻雀牌は1250gもあり、お年寄りには大変重く感じ牌を持つたび肩やひじ、手首指に力が入り良い運動になります。また、数字合わせをしていらない牌を捨てる時に考えるため、脳の働きにもなり喜んで頂いています