新年最初のお茶っこサロン(内手仮設)

何に注目?
何に注目?

 新年初めてのお茶っこは、内手仮設住宅集会場でした。第1回目ということもあり、午年にちなんだ講話や健康体操、スカットボールなどで盛り上がりました。集会場内に笑い声が響き渡る、内手らしい楽しいお茶っことなりました。

気持ち良いくらいの笑い声でした!
気持ち良いくらいの笑い声でした!

 内手で行うのは2回目になるスカットボール。スカットボールとはゲートボールと同じスティックを使って、的となる台の穴にボールを入れるスポーツです。ボールをスタートラインからスティックで打って、得点穴にボールを入れる競技ですが、穴の特殊なカーブがハラハラドキドキのゲームを演出します。自分の思い通りにならないところが、また楽しいところですね!

「ポストカードプロジェクト」

東京を拠点に活動しているボランティアグループ「Dream club ToKyo」さんから、素敵なポストカードが届きました!このカードはDream club ToKyoさんと聖フランシスコ教会の子供寮の子供たちみんなで作ってくれたものです。

 ポストカードを手にした内手仮設のみなさんは、一枚一枚手にとりじっくりと読んでいました。東京の子供たちから届いた元気と勇気と応援の気持ちに、とても感謝していました。

たくさんのカードをいただきました
たくさんのカードをいただきました
こんなこと書いてくれたよ
こんなこと書いてくれたよ
すごいね~上手だね!
すごいね~上手だね!